医師 転職 ナースバンク HAPPY LIFE★

プロフィール

Profile Profile


ブログ内検索

ブログ検索  タグ検索


最新の記事


月別アーカイブ


カテゴリー



06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
2 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FF11・攻略ブログ
クリックお願いします(σ´∀`)σ
2 「FF14発売前判明情報-その他の情報。」
■その他

◆ キャラクターデザインは既に終わっている。しかし、それらの実装への詳細はまだ決まってない。
◆ FF11の場合はリリース時はRMTが今ほど深刻ではなかった。今回は頭から対策はきちっとやっていきたい。
◆ TGSトレーラーの冒頭の帆船で港町に上陸するシーンは、海の都リムサ・ロミンサのプロローグシーン。
◆ リムサ・ロミンサ以外の都市国家でも、あのようなハイクオリティなカットシーンのプロローグがある。
◆ 残り2カ国のプロローグは只今製作中。
◆ TGSトレーラーのBGMはすべて植松伸夫さんが作曲。
◆ 前半の曲はイベント的なもの用で、後半の曲はバトル的なもので入る予定。
◆ コントローラーの操作感はFF11とあまり変わらない。
◆ 各種コミュニティーツールはWebベースで展開予定で、それらを開きながらプレイ。
◆ FF11はモーションキャプチャー一切使ってないが、FF14はモーションキャプチャー使用。
◆ カンファレンスで発表されたムービーはプリレンダリングムービーと実機のものの両方、ガルカが戦っているようなシーンは実機。
◆ FF14の企画を始めたのは4年くらい前。
◆ FF11のキャラクターの引き継ぎは考えていない。
◆ FF11とFF14間で名前やリンクシェルやフレンドリストといったコミュニティーの引継ぎは検討。



FF11・攻略ブログ
クリックお願いします(σ´∀`)σ
スポンサーサイト
2 「FF14発売前判明情報ー製品情報」
■製品関連

◆ DirectX 9で作っている。今後、DirectX 10をどこまでやっていくかという感じ。複数のコンシューマ機を検討しているが、現行の機種では互換上やっぱりDirectX 9でないとということがあった。
◆ Windows 7や64bit版OSに対応し、メニイコアの最適化も視野に入れる。人によっては遊べないということがなるべくないように、そこは広く取っていきたい。
◆ PS3版は表示解像度720pになるかも。Windows版はCPUとグラフィックスボードの性能次第。
◆ FF14でもセキュリティトークン(ワンタイムパスワードでのログイン)が使える。
◆ スクウェア・エニックスIDは必須だが、セキュリティートークンは必須ではない。
◆ PC版の要求スペックは、5年後に標準となるようなスペックを1番高いレベルに設定。
◆ 今回プレイオンラインを使わないで、スクウェア・エニックスID、いまセキュリティートークンと言われているが、あれでいろんな決済システムに対応。
◆ 月額課金というよりは30日単位のアニバーサリー課金が主流になのでそちらを検討。
◆ アイテム課金的なものは当面考えていない。



■発売

◆ デベロップメント版”のスタートから正式サービスまでは、比較的長い期間展開することになるかも。
◆ PLAYSTATION 3とPCでの展開のみを公表そのほか,Xbox 360版をはじめとした他機種については話し合いを進めている。
◆ Xbox 360版は、なかなかお互いの妥協点が難しいところがあって、これからもずっと話し合いは続けていく予定。
◆ 日英独仏の四つの地域で同時リリース、スペイン語版は未定。


FF11・攻略ブログ
クリックお願いします(σ´∀`)σ
2 「FF14-α~βテスター編」
α、β版に参加予定の方は一度目を通した方がよさそうです。



■βテスト

◆ αテストではワールド1つで基本的な仕様の安定性や負荷調査。
◆ αテストのワールド名は「Shadowlord」。
◆ αテストは週3日、各リージョン(日本/北米/欧州)別に毎回4時間程度を予定。
◆ βテスト・フェーズ1では、αテストと同じバージョンのまま複数ワールドの並行運用の試験。
◆ α~β1テストでは、何パターンかの成長速度を変えた試験も行うため、途中でデータワイプ(消去)も行う予定。
◆ α~β1で収集した問題点やテストプレイヤーの意見などを反映させたβテスト「フェーズ2」へと移行。
◆ β2あたりから毎日24時間運用に移行する予定で、内容もかなり変更され製品版により近づいたものになる予定。
◆ β2ぐらいまでにはPS3でもプレイ可能予定。
◆ β2以降は徐々にワールド数を増やしていき、数十万人が同時アクセスできるまで負荷テストを行い、サービスインに備える。
◆ 開始直前に数週間のオープンβを経てサービスインへとつなげていく。
◆ サービスインまでリムサ・ロミンサ周辺地域以外のエリアは公開しない予定です。これは、製品版のおよそ1/5以下程度の内容。
◆ βは製品版で実装されるものの半分もない。αの初期段階ではほとんど何も入ってないといってもいい。その分意見やリクエストを吸い上げやすくなっていると思う
◆ αβ版PCスペックはそこそこ高性能なCPU、グラボはDirectX9に対応(数年前の規格でもOK)、VRAMは512MB以上。
◆ βではベースとなる顔と髪型の一部を選択、髪・肌・目の色のみで、顔の造作などは今回は選択不可。
◆ βに先だって行われるα版で製品版の10%ぐらいな内容でスタート。
◆ β版では最終的にシステム面ではひととおりすべてがチェックできるようにしたい。もちろん、製品版でしか公開されない要素が大半。
◆ α版では1サーバーからスタートし、β版の最終的には数十万人が参加できる規模まで拡張予定。
◆ βテストの対象地域は全地域。
◆ βテスト、初期はWindowsのみになると思う。
◆ βテストを時間限定からデイリーかウィークリーで24時間体制にもっていって、それからストレステスト。それを段階的に1万人、2万人、4万人、8万人と広げながらやっていく。最後のオープンβに関しては完全にフリーでやっていきたい。
◆ デベロップ版からオープンβテストまでの期間は、最初は半年くらいと言っていましたが、結構短くなるかもしれない。


FF11・攻略ブログ
クリックお願いします(σ´∀`)σ
2 「FF14発売前判明情報-キャラカスタマイズ編」

■キャラクターカスタマイズ

◆ 体の大きさといった基本的な要素に加えて、髪にメッシュなどの細部まで設定可能。
◆ 作成の手順は、民族の選択→カスタマイズ→クラスの選択→誕生日→守護神の選択→キャラクター名(姓と名)。
◆ ヒューランのハイランダーは男性のみ。
◆ ミコッテには男性が存在するがプレイヤーが選択できるのは女性のみ。
◆ 各部族で、初期ステータスに差はるが、成長の過程で変更できるし、大きな差ではない。
◆ 特定の部族に合わせた専用の装備品などがあるが、性能よりファッション重視になるかも。
◆ 初期にスタートする国と、民族・部族は関連や影響はない方向で考えている。
◆ 性別が基本的なゲームプレイには影響がない範囲で、装備品の一部は性別によって身につけられるもの、つけられないものが出てくるかも。
◆ ルガディンのふたつの部族はいずれも根拠地が別にあり、男性が出稼ぎに来ているケースが多い。(選べないが女性も存在する?)
◆ 部族は民族ほど成長に差はない。民族といえども決定的な差にはならない。
◆ 苗字と名前がつけられる。
◆ 年齢という要素はないが、ある程度、経験を感じさせる風貌にすることは可能。
◆ アバターはあえてFF11的なものをみせているだけで、実際にはかなり違うのも作れる。
◆ 顔、髪型、肌、目の色など自分なりのキャラクター作成ができる。




FF11・攻略ブログ
クリックお願いします(σ´∀`)σ
2 「FF14発売前判明情報-世界観・ストーリー編」
設定はFF6に似てるとのこと。

俺はやったことないからわかんないけどFF6やったことある人にはどんな感じなのか
わかるのかな・・・?



■世界観・ストーリー

◆ 蛮族とは都市国家側からみた呼称であり、FF11でいう獣人と同様のポジション。
◆ 現時点では、過去の世界を体験する=過去世界を旅するではない。
◆ エオルゼアは地域(文明圏)名称、ガレマールは国家名称。
◆ 最初は、エオルゼア(アルデナート大陸とその周辺の島々)を舞台に物語は展開。
◆ ガレマール帝国の本拠地は、もっと大きな大陸にある。
◆ 蛮族も、平和的な者、裏切り者、取引に応じる者などいるかもしれない。
◆ 蛮族にも人間同様、独自の文化を持ち、生活を営み、得意とするクラスもある。
◆ トレーラーの浮遊している物体は“魔導アーマー”的なもの。
◆ 世界観は“ハイファンタジー”。リアルさよりも、派手さを追求したもの。僕たちは、あれはSFではなく、ファンタジーだと思って作っている。
◆ ファンタジーをもっと美しく作っていくコンセプト。
◆ FF11では、剣と魔法がメインだったが、もう少し現代的。
◆ 世界観はFF6に近い感じ。
◆ 内容は冒頭から濃い。
◆ 都市国家では、国どうしの争いや領土といった話は薄め。
◆ その都市の中で暮らしている人々にそれぞれのストーリーがある。といった形をめざす。
◆ 各都市のメインストーリーはある。FF11のウィンダスのミッションと担当した人が担当
◆ エオルゼアという地方が今回の舞台。世界全体の名前はハイデリン。ちなみにFF11のヴァナディールは世界全体の名前。
◆ FF11とはまた別の世界観になるが、王道ファンタジーを提供するところは変わっていない。
◆ FF11と同じような見た目のキャラクターが登場するが、呼ばれかたや設定が違う。


FF11・攻略ブログ
クリックお願いします(σ´∀`)σ
| Home | Next
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

FC2Ad

PC

29980円パソコン工房

PCDEPOT WEB本店/OZZIO


Amazon(FF11)


リンク


ランキング参加中!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。